上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。こういっちです。
昨日、松山も桜の開花宣言が出ました。

今日、3月24日は、壇ノ浦の戦いの日だそうです。
1185(元暦2)年のこの日、
長州沖の壇ノ浦で源義経が率いる源氏軍が平家軍を破り、
平家一門が滅亡しました。

壇ノ浦の戦いで敗れた平家は、
源氏の追っ手から逃れるために、
山奥に隠れ様々な平家落武者伝説を残しました。

戦になる前には壇ノ浦からひうち灘、
来島海峡の流れにもまれ育った平家あじ(平家アジ)や
平家さば(平家サバ)に、武将たちは舌鼓を打ち、
瀬戸内の幸を満喫していたそうです。

山中深く逃げ隠れた平家の落武者たちは、
瀬戸内の幸を味わうことなく、
猟師や農民に変装し、
その味わいは伝説となって語り継がれたそうです。

料理の鉄人・道場六三郎氏の店舗と、
限られた寿司・料亭でしかその名を目にすることがなかった、
平家がこよなく愛した伝説の瀬戸の幸、
平家あじ・平家さばをぜひご賞味ください。

地元でも、殆ど見た事の無い希少なアジ
「平家あじ(平家アジ)」。
平家あじ(平家アジ)は鮮度、脂の乗り、身の厚み、
どれをとっても他のブランドアジが霞んでみえる美味しさで、
地元の料理屋ですら手に入れることは難しいです。
平家あじ(平家アジ)を食べた瞬間に美味しくて笑顔がこぼれますよ。

幻の平家アジ
box1-1 (1)
スポンサーサイト
2016.03.24 Thu l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
平家アジの説明文に、

通常のアジは3枚におろした時に、
その小ささゆえに一番美味しいとされる
お腹の部分を全部落としてしまわなくてはなりませんが、
この幻の平家アジは身の厚さ、大きさ共に
通常のアジをはるかに凌ぎます。
そのおかげで、一番脂が乗り、美味しいお腹の部分を
余す所無く味わえます。

実際に食べた人の中には「この平家アジの味は
「すでにマグロを越えた!」と言って下さる方まで。

とありました。
たまらない魅力ですね。


道場さんとはお仕事をご一緒させて戴いたことが
あります。
TVで観るあのままの方で、厨房の若い方を指導する際の
ピリッとした空気感とはまったく異なって、
穏やかに打ち合わせが進みました。
帰りに、名前の焼き印が入った升をいただきました。

アジな計らいに感激しました。
和食の神様。アジ アでも有名な職人ですね。
仕事に使うアジ ェンダに書いておきました。
ア!ジ(字)を間違えてる!
アジ ャジャ~!

2016.03.25 Fri l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
私は、大きな魚より小魚が好きです。
特に、鯵が好きです。

昔はよく、海釣りに行って、
鯵を釣って三倍酢を作っていました。
頭から骨ごと食べていましたね。

平家アジは味わいのある味ですね(泣)
2016.03.26 Sat l こういっち. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/2056-1ea01659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。