上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。こういっちです。
今日はバレンタインとホワイトデーのちょうど半分の日です。
恋人の日だそうです。
バレンタインのお返しは決めましたか?
お返しのお菓子には意味があるの知っていましたか?
お返しの定番といえばマシュマロ、マドレーヌ、クッキー、アメなどがあると思いますが
マシュマロは、「あなたが嫌い」
キャンディーは、飴は「あなたのことが好きです」
焼き菓子のクッキー「大切な友達」
マドレーヌは「特別な人」
チョコは、「あなたの気持ちをそのまま返します」
という意味が込められてるそうです。
ホワイトデーのお返しにはマドレーヌが最適だと思います。

一つ一つ丁寧に焼き上げた老若男女に人気がある
Orcivalのマドレーヌを、ホワイトデーのお返しに送りませんか?
Orcival(オルシヴァル) マドレーヌ 5個入り
img62746783 (1)
スポンサーサイト
2016.02.27 Sat l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
ホワイトデーという名称が決まる前は、
欧米の習慣にならい「ポピーデー」
「フラワーデー」「ホワイトデー」「クッキーデー」など、
いろいろなネーミングがあったそうです。
これを「全国飴菓子工業協同組合」が、
「ホワイトは純潔のシンボル。ティーンのさわやかな
 愛にぴったり」との考え方のもとに、
「ホワイトデー」と名づけたとのこと。

ホワイトは純潔のシンボルだからと言うことですね。

その説の他に「チョコのお返しにはマシュマロを贈ろう!」
というキャンペーンを思いついたあるメーカーが、
マシュマロの中身にはチョコを入れ、
そこには「君からもらったチョコレートを
僕の優しい心で包んでお返しします」という意味を
こめたそうです。

最初はマシュマロデーとしていましたが、
しかしそれではマシュマロしか売れません。
そこで、マシュマロの白い色にちなんで
「ホワイトデー」と名づけた・・という話もあります。

でも、マシュマロって、「あなたは嫌い」なんですね。
ありゃりゃりゃ・・(笑)

わたしは、マドレーヌをもらえるような
特別は人になりたいですね。

ん?
待てよ。
ホワイトデーは男が渡す日。
お、男の人からマドレーヌをもらったとしたら、
そ、そ、そ、それは・・・・・
(大汗)
2016.02.27 Sat l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
ホワイトデーで調べたら、
びっくりすることが多いですね?

マシュマロがあなたが嫌いですの
意味になったの理由は、
マシュマロは
溶けてなくなってしまうものだからだそうです。
「あなたの気持ちを柔らかく包んで
そのままお返しします」から来ているようです。

もしかすると、元々、ホワイトデーは
嫌いな女性に対しはっきり
拒絶の意志を伝えるための日だったのかもしれません。

970年代って、
女性のストーカーが多かったんですかね?
と書いていました。

今は女の子同士で、
友チョコが流行ってるみたいですね。
今に、男の人が、
男の人に贈る日ができるかもしれませんね?
2016.02.29 Mon l こういっち. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/2016-e976f7e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。