上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさーんおはようございます!田さんです。
今日は少し寒いですね。
こんな日は暖かい物を頂いてお仕事がんばりましょう?

img62556548 (1)

元祖八生ちゃんの・みかんうどん
詳しくは商品ページへ
 ↓ ↓ ↓ ↓
みかんうどん
スポンサーサイト
2016.02.15 Mon l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
麺はみかん味というこだわりがありますが、
出汁も本格的ですね。
しょうゆ(本醸造)(大豆、小麦を含む)、
風味原料(宗田かつお節、かつお節エキス、
さば節、ホタテエキス、昆布エキス)を
使っています。


日本で現代の様な出汁が登場したのは、
室町時代だと言われています。
初めは“昆布出汁”だったのですが、
昆布が主な舞台になったのは“精進料理”だと
言われています。
精進料理は、魚介系も含めてすべての
動物性の食材はタブーですから、昆布の旨味は、
精進料理の根幹になっていったということでしょう。

その一方では、鰹を調味料的に使ったのは、
大和朝廷草創期以前の4~5世紀あたりだと
言われています。もともとは鰹を煮出して、
その汁を煮詰めて使っていたようなのですが、
やがて干し鰹が登場して現代の鰹節の
おおもとになったとも言われています。

やがて室町時代に入ると農業が発達して、
大豆などが安定的に供給されるようになり、
大豆調味料が台頭して鰹の需要は衰退して
いったということのようです。
しかし、人々のDNAの記憶には、鰹の味は強く残り、
鰹節が登場するようになったと言われています。

このようなことが出汁の起源ということになりそうです。

出汁の歴史を知ると、この「みかんうどん」の
出汁の良さが判るような気がしますね。

・・

汁を知る

・・・

あぁ
2016.02.15 Mon l yoshinaka. URL l 編集
No title
なるほど出汁の歴史が室町時代ですか?

いずれにしても、
このみかんうどんは
最上の出汁と本格派うどんによって作られています(笑)

出汁の起源室町時代の味を今に受け継いで
今日のみかんうどんがあるような気がするのは
私だけでしょうか?
yoshinakaさんどう思われますか?

いずれにしてもみかんうどんは美味しいとゆうことで
お願いしますね(笑)

ではまた、、、
2016.02.16 Tue l 田さん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1998-75dc3ebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。