上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさーんおはようございます!田さんです。
今朝は少し底冷えがありますね?
どうしても椿まつりの頃になると何となく冷えてきますね?
椿まつりとはこちらの地元のお祭りの事です。

今日のご紹介商品はこちらでーす。
main (48)
今話題のじゃこかつ参上!!
詳しくは商品ページへ
 ↓ ↓ ↓ ↓
じゃこかつ
スポンサーサイト
2016.02.08 Mon l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
恥ずかしい友人の話ですが、
椿祭りのことを、小学5年まで、
唾き の祭りだと思っていた
と聞きました。
小さい時に親に連れられていった時、
唾を飛ばす人に出くわしたことから、
ずっと、そういう祭りだと思っていたようです。
そう言えば、脱線しますが、
八百屋の息子は、小学校の2年の時だったか、
授業中に、鯨は野菜だと先生に言って、
クラス中が大笑いしたことがありました。
その理由を聞くと、自分の店では、
鯨の缶詰めを売っているから・・・とのこと。
なるほど。そういう思い違いは、
絶対にないことではないなぁと、
笑ったことが悪かったなぁと思ったことを
いまだに覚えています。


「椿まつり」「お椿さん」或いは「お八日(おようか)」
と親しみを込めて呼ばれている松山の大きなお祭り
ですよね。
従前は旧正月8日のみが斎行日であったので、
現在も「お八日(おようか)」と称しているそうです。

椿まつりの終了後には“田起し”“播種”を始める慣習が
愛媛県をはじめ四国各地にあることから
「伊予路に春を呼ぶまつり」として
「椿まつり」を愛しく待ち焦がれていた様子が伺えます。

私も、両親と行った思い出があります。
あの当時は、「じゃこ天」も「じゃこかつ」も
ありませんでした。

一緒に食べたかったなぁ・・・。


松山に不味いもの なし!・・・ですよね。
2016.02.09 Tue l yoshinaka. URL l 編集
No title
そうですね、
椿祭は神様が女の神様でアベックで
お参りに行くと別れさせられるとゆう
「やきもちを焼く」という言い伝えがあります(笑)

昔は私たちは真剣におもっていませんでしたが
聞くところによると、
実際に別れたカップルがいたとか…

ほんとかなあー?
私は今だに迷信だと思っています(笑)

とにかく椿祭が来ると春も一緒に来るとゆうことで、、、

ではまた、、、
2016.02.09 Tue l 田さん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1988-ca12238e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。