上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさーんおはようございます!田さんです。

今朝は久しぶりに太陽が拝めました。
こんな日はコタツにでも入って
かぼちゃとナッツのタルトでも食べませんか?
main (2)
たぁーぷりもち麦栗かぼちゃ入っていまーす。
詳しくは商品ページへ
 ↓  ↓  ↓  ↓
かぼちゃとナッツのタルト
スポンサーサイト
2016.01.07 Thu l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
田さんが書かれていた、
太陽を拝む という言葉遣い、
私もよく使います。
でも、な~んで拝むのかなと思ったのですが、
天照主日大神様をお慕いする信仰が
天照(主)信仰となって、太陽信仰の始まりと
なったことが拝むという表現を使うきっかけに
なったそうです。

太陽の恵みを受けて植物が育ちます。
そして、人も、動物も虫も、太陽の日差しで
育つのですから、昔の信仰文化の中で、
太陽は有難いものだと思ったのでしょう。

また、太陽を拝む日拝は、五穀豊穣を齎す太陽(日)に
感謝を捧げるということだそうです。

その太陽の恵みを受けて育ったかぼちゃと
ナッツで作られた焼き菓子。

美味しく太陽の恵みを戴くことが出来る
お菓子とも言えそうです。


太陽の色って、青空では黄色っぽい白、
朝夕日ではだいだい色、望遠鏡写真では
赤に見えます。

私も、見る人によっては、艶っぽく見えたり、
男臭く見えたり、インテリに見えたり、
かわいいなぁと思えたりしたらいいのになぁと
思ったのですが、どうせ、いずれにも見えず、
ただのオヤジギャグマンに見えるのだろうなぁと、
ちょっと考え込んでしまいました。

まぁ、そうなんですが・・・(涙)

どうせ、おシャレでもないし、
シャレたことなんて言えませんしね。
・・
・・
あぁ。。。


【追記】

太陽をみ たいよう~。

あぁ・・・
2016.01.08 Fri l yoshinaka. URL l 編集
No title
yoshinakaさん
私の言葉からちなんで拝む太陽について
色々と調べて下さりありがとうございます!
yoshinakaさんの心遣いを感じます!

それから最後の下り
中々そんなに悲観したものでもないですよ。

私には博学の素敵なロマンスグレイに見えますが?
違いますか?

yoshinakaさん
今年は最初に書きましたが
我々の年にしましょう!(笑)
胸をはっていきましょうぞ(笑)

ではまた、、、
2016.01.08 Fri l 田さん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1953-3631db9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。