上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさーんおはようございます!田さんです。
さて今日も朝からいいお天気で、
気持ちが晴れ晴れしますね?

今日ご紹介する商品はこちらです。
main (43)
新感覚スイーツが出来ました
詳しくは商品ページへ
 ↓ ↓ ↓ ↓
黑め塩ぼーろ
スポンサーサイト
2015.12.18 Fri l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
「佐田岬」という名前は、
ある神様の名前に由来すると
言われているそうです。

その神様は、 
「猿田彦(佐田彦)大神」 

猿田(佐田)彦大神は、
天孫ニニギ尊が、天降りされたとき、
天孫の神々をお迎えして、
先導された神と記されている神様
だとか。

「さた」岬とよむ地名は、 
鹿児島県の佐多岬 と 
愛媛県の佐田岬があります。
そして、現在は「さた」 とは
読みませんが、高知県の足摺岬も、
蹉足它(あしずり)とも書き、
これも「さた」岬と読むそうです。

岬は「御先」。
御先とは、小さな神様が大きな
神様を先導するという意味でも
あるそうです。

神宿る佐田岬で誕生したお菓子。
そう思うと、更に食べたくなりますね。
2015.12.19 Sat l yoshinaka. URL l 編集
No title
そうですね!
そう考えるとありがたいお菓子ですね(笑)

神宿る佐田岬半島と
九州の間の海峡、豊予海峡でとれる
「黒め」といわれる海藻と
豊予海峡のきれいな海水を煮詰めて
作ったミネラル豊富な「藻塩」を使って、
作られたまったく新しい「塩ぼーろ」

また地元の食材を使った
和菓子・洋菓子作りで愛され続ける
「田村菓子舗」と三崎漁業協同組合がコラボし、
出来た今までにないスイーツ。

このような中で誕生した黒め塩ぼーろが
美味しくないわけがありません(笑)

ではまた、、、
2015.12.19 Sat l 田さん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1931-2acfe81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。