上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。新人店員Oです。
早いもので12月も1/3が過ぎました。お正月まで後20日です。
お正月の御節に、鯛の浜焼はどうですか?
愛媛の県魚は真鯛です。
魚の王様で、縁起物でよく登場します。
愛媛の来島海峡でとれた真鯛は、早く複雑な海流で育っているので、
鯛は身が引き締まって、美味しいと言われています。
そんな、日本一の来島の鯛です。今年の御節に入れてみませんか?

鯛の浜焼き
main_20151210024932152.jpg
スポンサーサイト
2015.12.10 Thu l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
江戸時代末期ごろから、
おせち料理は重箱に食材を詰めて
出されるのが一般的になったそうです。

重箱に豪華な食材が詰め込まれて
いるだけで、ご馳走といったイメージが
ありますが、現在の重箱という形状については
そんなに歴史が深くないんですね。

なぜ重箱に詰める必要があるのかというと、
一年の始まりであるお正月は、昔も今も
その豪華さ・重要さ・めでたさは
変わるものはありませんが、縁起物となる
ご馳走を重箱に詰めることにより、
幸せを重ねる・福が重なる・おめでたさが
重なるようにとの願いを込めた意味が
あるのだとか。

また、上に重ね合わせることで場所を取らず、
お年賀に来られるお客様にも、そのままの形で
振る舞うことができ、蓋をすることで
保存もしやすいといったメリットもあったようです。

来島海峡でとれた真鯛を重箱に入れるのは
大きさからいっても無理なので、
重箱とは別にお皿に盛ってテーブルに置けば、
更なる縁起物となりそうですね。
2015.12.11 Fri l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
御節に入れる鯛は、
睨み鯛と言って、
お正月3ヶ日はお箸を付けない習慣があるそうです。

私なら、さっさと食べてしまいそうです。
お正月は各地で色々な習慣があるそうですが、
私の地域では、
正月3ヶ日のお雑煮は家長が作る習慣が残ってます。
来年も、頑張って作ろうと思います。
2015.12.12 Sat l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1919-5f9f6f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。