上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。新人店員Oです。
コタツでみかんは、冬の団らん風景の定番ですが、
最近はコタツを出す家も減っているのでしょうね?

愛媛のみかんは甘いから太るのでは?と
心配の皆さん、ご安心ください。
みかん1個のカロリーは、ショートケーキの10分の1程度なのです。

果物には、ビタミンやミネラルといった栄養分が多く含まれますが、
カロリーは少ないのです。
果物に含まれる水分量は多く、重さや容積に対して低カロリーです。
また、みかんには、特にビタミンCが多く含まれていて、
成人の一日当たりのビタミン所要量(50mg)をみかんMサイズ2個くらいで採ることができます

朝の果物は金! と言われています。
果物の糖質は、すぐに吸収されるエネルギー源で、
睡眠中に失われたエネルギー源を効率よく摂取できます。
朝の温州みかんで、頭も体もすっきり目覚めて、さわやかな一日を始めましょう!

また、温州みかんは、免疫力を強くしたりストレスを和らげる
ビタミンCが豊富に含まれることで知られています。
健康面で見ると、温州みかんには、
他のかんきつ類にはない成分が含まれているそうです。

そのひとつが、風邪予防によいシネフィリンという成分。
そして、最近医師の間でも注目されている成分がbクリプトキサンチンである。
骨粗しょう症を予防する効果、糖尿病の進行を抑制する効果、
免疫力を高める効果、美肌効があります。

温州みかんを食べて健康になりましょう。
【愛媛県中島産】ツイてる中島みかん 家庭用 5K
mikan_01.jpg
スポンサーサイト
2015.11.15 Sun l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
ふつうミカンといえば、温州ミカン
をさしますが、原産は東南アジアで、
遣唐使が中国の温州から持ち帰ったことから、
この名がついたとか。
温州という町名が愛媛にあるのだとばかり、
子供の頃は思っていました。

江戸時代には、ミカン船で財をなした
紀伊国屋文左衛門の逸話も残されるなど、
広く普及しました。
現在の温州ミカンは、日本で改良された
独特のもので、日本の特産として知られ、
冬の味覚を代表するくだものとなっています。

袋や皮の内側についている白いすじには、
ビタミンB・C、フラボノイドが含まれています。
フラボノイドは毛細血管を強くして、
高血圧や脳出血を防止するので
袋ごと食べれば、便秘解消、生活習慣病予防
になります。

そう言えば、子供の頃は、白いすじを
綺麗に取ってしまうのが面白くて、
見事に白いすじを取ると嬉しくて、
親に食べてもらっていました。
・・・・
・・・・
ま、待てよ。と、ということは、
私は、 犯罪者 だったの???

あぁ。
2015.11.16 Mon l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
子供の頃は、手が黄色くなるくらい
みかんをたくさんたべていたように思います。

私は、白いすじは取らずに食べていましたが、
姉は綺麗にとっていたような記憶があります。

年をとっったので, 
子供の時より沢山みかんを食べて、
免疫力を付けて頑張ろうと思います。
2015.11.17 Tue l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1882-53e993c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。