上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。新人店員Oです。
今日、10月29日は、トラフグの日だそうです。
「と(10)らふ(2)ぐ(9)」の語呂合せだそうです。

寒くなってきたので、お鍋の時期ですね。
フグのお鍋は美味しいですが、高いですね。
下関のトラフグは瀬戸内海で採れたトラフグが多いです。
瀬戸内海の水質を守らなければ美味しい海の幸が食べれなくなります。

水質汚染の原因は、昔は工場などから出る、産業排水でしたが、
今は家庭排水が一番大きな要因です。

洗濯に使われる洗剤や、食器を洗うときに使う洗剤を流すことで、水質汚染になります。
こちらの微生物洗剤えひめA1は地球をきれいにする環境浄化微生物安心!安全!です。
油脂も驚くほど落ちてしかも、微生物の力、水質向上もする
エコグリス K 20リットルを使って後世に綺麗な自然環境を残しましょう!

エコグリス K 20リットル
main_20151029112033f3b.jpg
スポンサーサイト
2015.10.29 Thu l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
昭和50年代初頭、瀬戸内海のような
閉鎖性海域では、外洋との海水交換性が悪く、
汚濁物質が滞留しやすいという地形特性に加え、
沿岸地域は人口、産業が集中し、
大量の産業系および生活系の負荷が発生し、
有機汚濁による水質悪化が著しい現象が
見受けられたそうです。

昭和53年に水質汚濁防止法が改正され、
水質総量規制が制度化されて、
水質総量規制では、目標年度を5年ごとに設定し
水質改善が図られてきたそうです。

今現在は、大阪湾を除いて、随分と
綺麗になって来たようですが、
油断をすれば、元の木阿弥。
ひとりひとりが生活汚染に気配りをし、
企業も厳しい規制基準を自主的に設けるなどして、
綺麗な環境を次の世代にバトンタッチ
してあげたいですね。

フグ鍋! いいですねぇ。食べたいです。
ふぐに(すぐに)でも。
あ~、食べ過ぎるてお腹がふぐれた~。
・・・
・・・
あぁ

ところで、フグって河豚と書きますが、
河に住んでないし、豚というのも確かに、
膨れるので判るような気はしますが、
豚って書かれると、フグもかわいそうですよねぇ。
2015.10.29 Thu l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。「河豚」は、中国で当てられた漢字だそうです。
「河」は、黄河に代表される中国の大河です。
中国では、昔からフグは河に棲息していました。
また、フグは天敵を威嚇する時、
ブーブーと豚のように鳴くことがあったため、
「河豚」と名付けられたのです。
困り果ててしまったのは、漢字の輸入国・日本 でした。
日本では、フグは川におらず、海に棲息する魚だったからです。
そこで、「海豚」にしようかという話になったらしいのですが、
この漢字には「イルカ」と書いていたので、
やむなく、日本でもフグは「河豚」と書くようになったそうです。
近大が養殖した毒のない河豚の肝が早く食べてみたいです。
2015.10.31 Sat l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1862-e6270451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。