上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。新人店員Oです。
今日、10月26日は青汁の日だそうです。
10をアルファベットのIOに見たてて「青」と読み、
26を「汁」と読む語呂合せだそうです。
この語呂合わせを見た時に今Twitterで流行の、
日本人には読めない文字かと思いました。
僕には読めませんでした。

今日は、全国的に冷え込んだみたいですが、体調にお変わりありませんか?
気力、体力の充実は、まず健康であることです。

毎日の健康に1日1本、あなたも始めてみませんか?
ただ、申し訳ありませんが、
より早く新鮮な状態でお届けする為、賞味期限の関係上
北海道・東北・沖縄にはお届けできません。
遠藤青汁 生
main_201510261323270cc.jpg
スポンサーサイト
2015.10.26 Mon l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
青汁の歴史をたどれば千年以上の
歴史があり、日本最古の医書
「医心方」にも書かれているそうです。

その青汁が再び注目されるように
なったのは戦中、戦後の食べる物がない時代に、
遠藤医学博士が葉っぱに栄養があることに
注目したそうです。
近辺に何種類かの葉っぱを加工した青汁を
配ったところ、身体の調子がよくなり、
栄養不足から免れた人が多くいたとか。

戦後、遠藤医学博士は、
開業医のかたわら、青汁の研究を進め、
これが栄養素が最高だというケールにたどり着き、
ケール100%の青汁を作ろうと決めたそうです。
その際に
「農薬や化学肥料で栽培したものでは駄目」
「ビタミンやミネラルをバランス良く摂るには
清浄なケールを使用する」。

という信条の元に青汁を作られ、それが今の
青汁の素にもなっているそうです。
で、
ここまで調べた時点で、
「!」と思ったのは、
この遠藤青汁さんと同じ、「遠藤」。
まさか!
と、有限会社遠藤青汁愛媛販社さんの
HPで確認したところ、

遠藤仁郎博士の厳格な指導のもとに
完全無農薬・有機栽培されたものだけを
使用しています。

とありました。
まさに、日本の青汁を完成させた方による
「青汁」だったんですね!


原料のケールは、自社菜園と
契約農家による無農薬の自然農法で
栽培されたものだけを使用しているとのこと。
安心して毎日飲める健康食品ですね。


天然のケールだなんて、なんてス ケールが
大きいんだろう!
・・
・・
あぁ
2015.10.26 Mon l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
前職で、農家の人がケールを植えていたので
話してみると品質管理が厳しいと言っていました。

「青汁」を完成させた方の「青汁」!
是非、多くの方に知ってほしいです。

そんなケールを使っているからこそ、
安心して、毎日飲めるんだと思います。

yosinakaさんのダジャレ聞いたから、ケールます(笑)
2015.10.27 Tue l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1855-bc445c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。