上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。新人店員Oです。
朝晩寒くなりましたが、体調にお変わりありませんか?

無性にカレーが食べたくありませんか?
寒い季節に「無性にカレーが食べたい」 と感じたら要注意です。 
それは風邪の前兆かもしれないのですよ。

寒さが厳しいこの時季、ちょっとした気のゆるみから風邪を引いてしまう人も多いですね。
そもそも風邪の症状は、病原菌やウイルスが体内に侵入し、
体の免疫システムの機能低下、または機能麻痺に陥った状態を指します。

また、風邪の原因となる病原菌やウイルスは空気感染、飛沫感染、接触感染といった
さまざまな経路から体内に侵入してくるので、
マスクや手洗いなど日ごろからの予防対策がとても大切といえます。

体内に侵入してきた病原菌と戦う免疫力のサポーターともいえる存在が、
カレーに含まれる「クルクミン」なのです。
カレーには多くの香辛料が入っていますが、
中でもアジアで「ウコン」と呼ばれる「ターメリック」に含まれる「クルクミン」は、
免疫力を高め、肝臓の働きをよくしてくれるだけでなく、
血行を促進し、体内の有害物質を処理するという優れ物です。

肝機能をはじめとする体内の免疫機能が弱まると、
本能的に「クルクミン」を欲するようになります。
その結果「カレーが食べたい!」という欲求が高まります。

また「ターメリック」に含まれる「クルクミン」だけでなく、
カレーに使用される食材にはさまざまな効用があります。

例えば、カレーに甘さとコクをプラスするタマネギには、
免疫力を高める硫化アリルが多く含まれているため、
風邪を引いたときにこそ食べたい野菜といえますね。

寒い時期にカレーが食べたいと思うことに隠された秘密を知ることで、
風邪やインフルエンザが流行る時季を上手に乗りきりたいですね。
日本では古くから「妊娠すると酸っぱいものが食べたくなる」
「疲れると甘いものが食べたくなる」「ストレスがたまると辛いものが食べたくなる」……
といった、カラダの変調を知らせる言葉の言い伝えがあるように、
「無性に何かを食べたくなる」といった欲求も、
カラダが脳に送っているサインのひとつ。

健康や若さを過信せず、ささいな変調のサインを見逃さないようにしてくださいね。
カレーは、もはや日本の国民食ですね。
また、スパイスが漢方薬なので、薬膳料理と呼べると思います。
道後ビールカレーを食べて、風邪の予防をしませんか?

道後ビールカレー 5箱セット
img62503146.jpg
スポンサーサイト
2015.10.20 Tue l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
カレーのスパイスは身体を
冷やすとか温めるとかいいますね。
カレーを食べると体がカ~ッと
暑くなりますから、体温を上げます。
ですが、体温を一度上げ発汗させることによって
結果的に体温を下げます。
これは、ハーブ(スパイス)のバランスと言えます。

つまり身体を温めるスパイスと身体を冷やす
スパイスが両方カレーに入っていて
合計して全体的に体を発汗させ冷やしていきます。

ハーブ(スパイス)を非常に上手に使っている
食事だと思います。

例えば
シナモン、コショウ、クローブ、ターメリック(秋ウコン)
身体を温めるこうかがあります。

クミン、カルダモン、コリアンダー、ペッパー
などは身体を冷やす効果があります。

さまざまなスパイスや食材によって、
結果としては体温調整ができることがわかります。

新陳代謝の促進にもなりますね。

う~~ん!
道後カレーを食べて、
道後温泉にゆっくり浸かりたぁ~い!
2015.10.21 Wed l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
汗をかくことで、体温調整しますが、
最近の子供は汗をかきにくいみたいですね。
カレーを食べて、新陳代謝の促進に役立ててほしいですね。

道後カレーを食べて、
道後温泉にゆっくり浸かって、
出た後に道後ビールを飲んでくださいね(笑)
まさに道後づくし(笑)
2015.10.22 Thu l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1848-b991b8f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。