上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。新人店員Oです。
今日、10月12日はたまごデーだそうです。
1492(明応元)年のこの日、コロンブスが
サンサルヴァドル島に上陸しました(アメリカ大陸発見)。

欧米ではコロンブスデーと呼ばれています。
コロンブスといえば、卵を潰して立てた逸話が有名。
そんなところから、いつしかたまごデーといわれるようになったようです。

コロンブスは西周りの航海でジパング(日本)とインドを目指したもので、
最初の到達地がインドだったと亡くなるまで信じていたそうです。
コロンブスの卵の話は有名ですね。
でも、私は、ゆでたまごと言ったら、坂東英二さんです。
でもなぜ坂東英二さん=ゆでたまごのイメージがあるか
理由がわからなかったので調べてみると、

終戦により旧満州から着の身着のままで難民同然に日本へと帰る際、
空腹のあまり夜中に中国人の農家の鶏小屋から卵を盗んだが、
見つかってしまう可能性があるため火も焚けず、
生のまますすり飲むことで命を保った経験から、
当時食べたくても食べられなかったおいしいゆで卵に特別の思い入れがあるそうです。

また、新大阪でゆで卵を6つ買い、
東京に着くまでの新幹線車内で全部食べてしまったそうです。
読んだことはありませんが
「板東英二のゆでたまご伝説」という本まで出版したそうです。
しかも、お医者さんに君は食べない方がいいと言われて、今は白身しか食べてないそうです。
黄身が美味しいのにと思ってしまいました。

でも、コレステロールが心配で卵を敬遠してませんか?
確かにコレステロールは高すぎるとと問題ですが、
卵を問題視する必要はないそうです。
普段の食事以外に、1日にタマゴを3個ずつ、
しかも2週間食べつづけてもらった結果、
コレステロール値を測ってみると、ほとんど変化はないそうです。

みかんの果皮を飼料として再利用し、
安心、安全で美味しい卵を皆様に食べて頂きたいという想いから生まれた『媛そだち』。
そんな美味しい産みたての卵をそのまま皆様の元にお届けします!
こんな素晴らしい卵を食べませんか?

オレンジ卵卵 媛そだち
box1-1_20151012101933308.jpg
スポンサーサイト
2015.10.12 Mon l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
みかんを餌にしていることで、
この卵の殻色が薄い赤みがかった色
なのかなと思ったのですが、
餌の色によって変わるというのではなく、
餌の成分によって、殻色に変化が出る、
といった表現が正しいそうです。

みかんの持つ色素で、黄色は緑黄色野菜や
果物類に多く含まれるカロテノイドという
色素に属するβカロテンに由来していそうですね。 

βカロテンはプロビタミンAと呼ばれる
ビタミン前駆体で、体内で必要に応じて
ビタミンAに変わる性質をもっています。

卵は“完全栄養食”と言われるほど栄養豊富。
人間に必要な20種類のアミノ酸を、
ほぼ完璧なバランスで含んでいる優良食材です。

老化防止に役立つ抗酸化物質も含まれていて、
身体のサビを改善する効果も期待できます。
さらに、現代人に不足しがちだと言われている
カルシウムやビタミン類も豊富ですから、
毎日の食事に1つプラスするだけで
栄養バランスを整えやすい食材といえそうです。

また、ダイエット中にも卵はおすすめとか。
ダイエット中にたんぱく質が不足すると
筋肉量が減り、むしろ太りやすい体質を
作ってしまいかねませんが、
卵にはたんぱく質も豊富に含まれています。
味付けが濃く脂質の多い肉のおかずを
控えているという場合などにもお薦めの食材です。


「たまご」は漢字で「卵」とも「玉子」とも書きますが、
どう違うのかなと、調べてみました。

明確な基準はないそうですが、
一般的に、有精卵の場合を「たまご」=卵、
食材としての「たまご」=玉子という使い分けが
されているようです。

つまり、食用を目的とした「たまご」は
「玉子」になるそうです。
更に、玉子は(ほとんどの場合)鶏(にわとり)の
「たまご」をさすようで、例えば食用でも
ウズラは玉子ではなく「卵」なんだそうです。

アヒルやダチョウだと、「卵」ということですね。

厳密な基準ではないそうですが、
とはいえ、まったく知らなかったので
少しお利口さんになったような・・気分でした。
(笑)

2015.10.12 Mon l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
卵と玉子の漢字の由来はそう言う意味があったんですね。
今日も、勉強になりました。
玉子は1個1個にしたら安いですし、
老化防止に役立つ抗酸化物質が入っているので、
若さを保つために毎日1個は食べたいです。

万能食材玉子!
どんなアレンジでも効きますし、
食べやすいので毎日食べるのも無理じゃないですね。
2015.10.13 Tue l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1831-fa31ad62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。