上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。新人店員Oです。
今日は昨日と違って、良いお天気です。
今日9月2日は、くじの日です。
「く(9)じ(2)」の語呂合わせから、第一勧業銀行(みずほ銀行)宝くじ部が1967(昭和42)年に制定しました。
引き取り手のない賞金は毎年200億円以上あります。
毎年この日に宝くじの時効(1年)を防止するため、
はずれ券を対象にした「宝くじの日お楽しみ抽選」を行っています。

家に去年買って外れた宝くじはありませんか?
お金は当たりませんが、日用品が当たりますよ。
私は最近宝くじを買っていません。
宝くじを買ったと思って、そのお金で美味しいものを食べたほうがいいと思いだしましたので、
最近は美味しいものを食べることにしています。

宝くじを10枚買ったと思って、こだわりの和栗ロールを買って食べませんか?
まだ暑いですが、すぐに秋の季節がやって来ます。
日本一の中山栗が丸ごと入った、こだわりの和栗ロール!!
こだわりの和栗ロールを買って一足先に秋の味覚を味わいませんか?
こだわりの和栗ロール
main_20150902115038de9.jpg
スポンサーサイト
2015.09.02 Wed l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
抹茶味の生地と栗のコラボレーション。
抹茶味のスポンジでくるまれた生クリームに
丸ごとの中山栗が入っているなんて、
すごく贅沢ですね。

この商品、紹介文には
「こだわりの和栗ロール」とありますが、
カテゴリー的には「洋菓子」です。
菓子処 気晴さんは、和と洋を
うまく組み合わせた菓子を誕生させて
いますね。

和菓子は、
江戸時代の「貞丈雑記」では、
昔のお菓子の解説で、

 「多くは果物を菓子といふ也。
  栗、柿、梨、橘、柑子、じゅくし、
  木練柿などの類。」

と記されています。

「菓子」=「果物」だったようです。

その後、和菓子は、小豆や寒天など
を使い、繊維質や植物性たんぱく質
が豊富なものへとなっていきました。


洋菓子は鶏卵、バター、生クリーム、
チーズなど、乳製品が多く使われています。
牛や豚の、皮や結合組織から抽出した
ゼラチンも多く使用します。

そして、一方で、果物を多く使うという
特徴もあります。

この両方の個性を、気晴さんは
上手に取り込んでいますね。

まさしく、菓子の「匠」です。


「あ、今何時?」
「え~と、9時」
「お、じゃぁ、買いに行こう」
「何を?」
「クジ」
・・・
・・・
・・・
あぁ
2015.09.02 Wed l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。和菓子と洋菓子そういう違いがあったんですね。私は、単純にクリーム系のお菓子なら洋菓子で、餡子系のお菓子なら和菓子と思っていました。本日も大変勉強になりました。
ダジャレを言ったのは、誰じゃ!だじゃれの匠yoshinakaさんのダジャレ、いつも楽しみにしています。
2015.09.03 Thu l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1775-c4ec8d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。