上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは、そろそろ
オーディオを変えたい店員Pです。


普通のスピーカーと
言わず思いきって
ホームシアターに
してみたい!


考えるより行動!と思い、
行ってまいりました電機屋!!
何があるかな~とウロウロ。

途中で
前から興味のあった
アンドロイドTVとやらを
試してみました。

僕のケータイをタッチしてみると、
あら不思議
ケータイの画面がテレビに
映っているでは
ありませんか。

テレビへの操作反映までは
1.7秒程。
サイズは小さくて43型
一人暮らしの僕には
少し勿体ない(笑)

ケータイのタブレット版も試してみました。
やはりタブレット仕様ということで、
操作性や使い勝手は一枚上です。
欲しくなった
じゃないか畜生!


色々なところでお試ししつつ
結局何しに行ったんだろ・・・。
購入する前に試せて良かったです。


以上、店員Pでした。
失礼しますっ!
スポンサーサイト
2015.08.28 Fri l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
一斉にデジタル放送になった時は、
近未来を手にしたような気がしました。
身近なTVが、デジタルデバイスに進化。
すごいなぁと感動していたのに、
今ではネットの中に取り込まれ、
モバイルやPCと連動。
音声でも操作が出来て、
「8チャンネル」と言えば、
そのチャンネルに切り替えるなど、
さまざまな操作を行います。

もしかしたら、
TVの中に人がいて、
中から動かしてるのかも?

って、
私が子供の頃に信じていた
ひとつでした。
TVの裏側のパネルを外して覗きこんで、
親に怒られた思い出があります。

今は薄くなってしまって、
TVの中に人がいるなんて、
まぁ、そんなこと信じる子供はいないでしょうね。
(笑)
2015.08.29 Sat l yoshinaka. URL l 編集
No title
コメント返信が大変遅れまして申し訳ありません。

薄型の板の中に入れる人が居るならば
実際に会って握手してみたいです(笑)

昔の子どもたちは
僕らが持っているスマホやタブレットのような
デバイスが実在することを夢見ていたと思いますが、
その子どもたちが20年30年かけて今みたいな
物を作ることができた。

人を突き動かした結果がこのように
世界的に認められるというのは
今も昔もすごいことですね。
2015.09.02 Wed l 店員P. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1765-941bcd24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。