上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。新人店員Oです。
今日は台風も通り過ぎて少し涼しいです。

今日出勤すると体調不良の人が多かったです。
私は、日頃から、体調管理に気をつけているので、
今のところ元気です。
季節の変わり目に体調を崩す人は多いですが、
仕事に支障が出ないようにお互い気を付けないと
いけませんね。

体調管理には、補助食品とかサプリなんかもいいですが、
昔からある食品で、体調管理をするのもいいですね。
私は、お酒と言いたいですが…
お酢が本当に体ににいいです。

お酢の代表的な効果・効能には、
血圧安定作用・血液サラサラ効果・抗酸化作用・疲労回復・大腸ガン予防・ダイエット効果・美肌効果…
などがあります。
お酢で、体調管理をしましょう。
自然栽培 あおぞら米の酢 300ml
main_20150820134042899.jpg
スポンサーサイト
2015.08.26 Wed l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
酢は、応神天皇のころに、和泉の国
(現在の大阪府南部―堺市あたり)に、
酒造りの技術と前後して中国から
伝わったとされています。

万葉集16巻に
「醤(ひしほ)酢(す)に蒜搗(ひるつ)きかてて鯛願ふ・・」
(酢醤油でさっぱりと鯛でも食べたいなぁ)
と歌が詠まれています。
このころお酢は上流社会の高級調味料として、
また漢方の一種や薬とされていたそうです。
養老律令」に「造酒司(ざけのつかさ)」が、
酒とともに酢を造っていたことが記述されて
いるとか。


また、旧約聖書「モーゼ五書」の中に
ワインの酢が記述されています。
「ルソ記」に
「ここへ来て、パンを食べあなたの食べるものを
酢に浸しなさい」
との記述があります。
健康の為、食あたりをしないようにする為
だったようです。

中国の周の官制(行政機関に関する規制)を
記録したものに酢造りの役人がいたことが
記述されていて、漢方薬としても用いられた
とされています。


古代ギリシアでは、のちに「西欧医学の父」と
呼ばれたヒポクラテスが、病気の治療に
用いたといわれています。

15世紀~17世紀前半頃の大航海時代には、
新鮮な野菜や果物の欠乏が原因の
「壊血病(かいけつびょう)」を予防するために、
お酢に様々なスパイスや野菜を漬けることが
盛んになったといわれています。


こうして酢の歴史を調べてみると、世界中で
健康の為に「酢」を利用したことが判りますね。

古代から健康食として認められていた酢ですが、
自然栽培でつくられた「あおぞら米の酢」は、
まさしく健康志向の方にふさわしい酢だと
あらためて言えますね。



   
2015.08.26 Wed l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
世界中で、さまざまなお酢があって、
お酢は健康食品として、認められているんですね。
今日も勉強になりました。

子供の頃に、夏になると、
祖母が甘酒を作ってくれていました。

作りたては美味しんですが
日にちが経ってくると、
酸っぱくなって、
あまり好きではありませんでした。
お酢になりかけてたんですね。

あおぞら米の酢は原材料から、
安全安心なものを使っているので、
これから、たくさん摂取して、
元気で生活しようと思います。
2015.08.27 Thu l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1758-eafb594e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。