上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは、店員Pです。

今日は買い出しの
ことを書きます。

自転車で
買い出しに行き
そこまで急ぐことが
ないので、涼しい風が
当たるぐらい速度を出して
買うもの買って
職場に帰りました。

・・・ ・・・ ・・・
そこまで飛ばしたり
してないのに汗が
びっしょり驚いた!


帰って書類を書いていたら
ポタっと汗が垂れる
ぐらいの量で、
落ちた先は
書類から1cm

あ、ぶな~!
冷や汗ものだよ

あれ?今も汗かいてる?
いや汗かいてるから冷や汗は・・・

なんかややこしい!!

指定通り買い出しも
できましたからいいですよね?
いいですね!?

・・・お風呂入りたい(泣)

ちなみに帰ってきて
気温を見ましたが
29℃、体幹温度35℃

誰か気温という名の
暖房の電源を
切ってくれませんか~~~!

以上、店員Pでした。
失礼しますっ!
スポンサーサイト
2015.08.21 Fri l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
発汗は体温を下げるために
最も効率的な方法です。
汗が蒸発する時の気化熱により、
体内の熱を逃がして体温を下げています。
水の気化熱は1mlにつき
約0.58kcalですから、
水が100ml蒸発する場合58kcalの
熱を奪うことになります。

人体の比熱は約0.83とされているので、
体重70kgの人の熱容量は70×0.83=58.1kcal
となり、これは水が100ml蒸発するのと
ほぼ等しい熱量になります。

汗を100mlかくと体温が1度上昇するのを
防いでくれるわけです。

夏の炎天下で10分歩くと約100mlの
汗をかくそうですから、
まったく汗をかかなかったら……
20分で体温が2度も上昇してしまう
計算になります。

でも、
全身汗まみれになるのは、
嫌なものですね。
シャワーを浴びたり、
湯船につかって、
汗を流したいと思いますよね。
2015.08.21 Fri l yoshinaka. URL l 編集
No title
全くです。
僕の場合汗をかきやすく
特に頭部あたりですね。

そのせいか
雨の日は決まって
髪が纏まりません(笑)

間違った洗い方をしているのかと
時々思います(笑)
2015.08.22 Sat l 店員P. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1747-8e2bd26d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。