上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさーんおはようございます!!田さんです。
今日も暑くなりそうですね。
出てくる言葉は暑いしかありませんね(笑)

さて今日のご紹介商品はこちらです。

main (22)

つい先日まことやさんに私もお邪魔しました。
ちょうど長浜高校の真向かいにお店がありまして、
昔なつかしいつくりのパン屋さんでした。

感じの良い奥さんがいらして、
仕事で紹介させてもらっていることをお話しすると、
今後とも宜しくお願いしますと感じよく応対をしていただきました。

皆様もお近くに来ることがあれば、一度お寄りください。
遠方のかたは是非、特撰市場をご利用下さい~
詳しくは商品ページへ
 ↓ ↓ ↓ ↓
まことやの菓子パン
スポンサーサイト
2015.08.10 Mon l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
パンはヨーロッパ生まれですが、
実はパンの起源は、ヨーロッパではなく
西アジアにあると言われています。

約6,000年前のオリエント地方では、
小麦粉を水で練り、石の上で平焼きして
いました。
これがパンの原型です。

一方、日本に初めてパンが伝わったのは
16世紀半ば、ポルトガル人の漂着による
ものでした。
1549年、宣教師フランシスコザビエルらが、
日本でもパン作りを始めましたが、
幕府がキリスト教を禁止したことにより、
長崎県の出島で西欧人のために
細々と作られたに過ぎませんでした。

その後、伊豆の代官江川太郎左衛門が
長崎の料理人を呼び寄せてパン窯を作らせ、
1842年4月12日に日本で初めての本格的な
パン作りを始めました。
明治時代になると、政府の欧風政策にともなって
食生活が変化し、パン食も普及していきました。
パンをおやつとして考えた菓子パン、
特にあんパンは当時の人気商品となったそうです。

いろいろな経緯を経て、今のパンがあることを
知ると、見慣れたパンでも違って感じたりします。

まことやのパンにも、お店の歴史とともに、
培われた美味しさがあると思います。
長いパンの歴史とともに、
まことやのパンの歴史を重ねあわせて
みるのも一考かも知れません。
2015.08.11 Tue l yoshinaka. URL l 編集
No title
そうですね!
パンの歴史を細かく教えて頂いて
まことにありがとうございます!!
まことやだけに…

歴史をみてまことやさんの
菓子作りにも歴史を感じるのはわたしだけでしようか。
色んなことを重ね合わせてみると、
菓子職人の歴史を感じますね。

こういった歴史を受けついで行くのが
職人の世界ですかね、かっこいい(笑)
2015.08.11 Tue l 田さん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1720-5ce44e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。