上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。新人店員Oです。今日、7月24日は土用の丑の日ですね。
土用の時期は暑さが厳しく夏ばてをしやすい時期ですから、昔から「精の付くもの」を食べる習慣があり、
土用蜆(しじみ)、土用餅、土用卵などの言葉が今も残っています。

一説に、江戸時代うなぎ屋が夏にうなぎが売れないで困っていることを、平賀源内に相談しました。
この時の、 「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」
という平賀源内の発案が功を奏し、うなぎ屋は大繁盛になったのです。
ちなみに、これがヒットした背景に
当時は、 「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」
という風習があったそうです。
これを他のうなぎ屋もこぞって真似するようになり、
次第に「土用丑の日はうなぎの日」という風習が定着したとされ
たと言われています。

昔から、ウナギに梅干しは食い合わせが悪いと言われてきましたが、
焼酎の梅割りでウナギを食べたことがありましたがなんともなかったです。
梅干は胃酸を分泌させ、食欲を増進させる。
そのため、高価なうなぎをたくさん食べることになる。
贅沢(ぜいたく)を戒めるために、生まれた言い伝えではないでしょうか?
そんな食欲増進させる梅干しを食べて、夏バテをふっ飛ばしませんか

七折小梅 300g
main_20150723105408749.jpg
スポンサーサイト
2015.07.24 Fri l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
鰻の高騰で、
鰻の味に近づくように養殖した、
なまず が出回るようになったそうです。
味はともかく、 なまず と聞くと、
ちょっと腰が引けてしまいそうです。

鰻と梅干は、食べ合わせが悪いものとして
その代表的なものになっていますが、
新人店員oさんの書かれている通り、
梅干しの酸味が鰻への食欲増進になるので、
食べ過ぎにご用心というのが、
良くない食べ合わせの一例になって
いるようですね。

ただ、こういう意味もあるようで、
梅干しの酸味によって、
うなぎが腐っていた場合に
気づかなくなってしまうため・・・
と言う理由もあるようです。

まぁ、さすがに、腐っているなんてことは・・。
ないと思いますが・・。

でも、
そんな風に考えていくと、
梅の抗菌力ってすごいってことです。

夏は、とにかくどんな食品も傷むのが早くなり、
また、目に見えないバイ菌の繁殖も
増えてしまいます。

だからこそ、
梅を食べて、
元気な毎日を送りたいものですね。

梅で元気パワーをうめ!
・・
な~んちゃって・・・
・・
・・
あぁ
2015.07.24 Fri l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
昨日はウナギを食べましたか?
私は、奮発して食べました。

今年は、8月5日も土用の丑の日みたいですね。
本当に、梅干しの殺菌力の強さはすごいものがありますね。
今みたいに、実験なんかしなくても、
先人の知恵はすごいと感服しまた。

梅干しを食べて、
ご飯をウメーと沢山食べて、
夏バテと食中毒に備えたいですね。
2015.07.25 Sat l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1684-6f9f01d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。