上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。新人店員Oです。家の周りの田植えも終わりました。
毎年、田植えが終わると、田んぼにカブトエビが沢山いるのですが、
どこに卵があって、なぜ、この時期に孵化したんだろうと、いつも思います。

減反していた田んぼも、翌年水を入れると、カブトエビが田んぼにいます。
でも川ではみませんので、田んぼに卵があるんだと思いますが、
何のためにいるのかもわかりませんが、子供のころから思ってた疑問です。
本当に生命力に驚きです。

生命力がある、そんな微生物や、昆虫、植物の持っている力で作った。
あおぞら米、食べてみませんか?

苗を食べる害虫であるジャンボタニシも、草を食べてもらうように活用しているので、
農薬や除草剤は一切使ってない安心安全で本来の稲の持つ力で作った美味しいお米です。
是非ご賞味ください。
自然栽培 あおぞら米 10kg
PA11.jpg
スポンサーサイト
2015.06.27 Sat l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
カブトエビは

甲殻綱鰓脚亜綱背甲目
カブトエビ科カブトエビ

が正式名称だそうです。
覚えられません・・。
きっと3秒後には完全に
忘れていますね。(笑)

およそ2億5千年前から
姿を変えていない“生きた化石”と
呼ばれ、雌雄同体、単体で卵を産み、
増えるそうです。
穴を掘って土に産卵し、その土が乾燥しても、
砂に水が戻れば、大量に発生するとか。

寿命は、2ヶ月程度だそうですが、
何とも不思議な繁殖能力ですね。

こういう生命力の強さに、
憧れを抱いてしまいます。

梅雨時期はどうも苦手で、
免疫力が低下するのか、
この時期に必ず任される仕事で
ストレスを抱え込んでしまうからなのか、
本来の食欲も元気さもなくなってしまいます。


美味しい「あおぞら米」で
パワーをいただかなきゃ駄目ですね。


「その被っとるエビの帽子はなんね?」
「あぁ、これね。これは
 カブットエビ・・・カブトエビじゃけん」

・・・
・・・

あぁ・・・
2015.06.27 Sat l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
動植物の生命力はすごいですよね。
最近のウィルスや昆虫なんかでも、
耐性を持ってきて薬が効かなくなりますからね。

人間は反対に弱くなってきてるように思います。yosinakaさん体調の方は大丈夫ですか?
最近、ダジャレに、切れがなくなってるように思うのも、体調のせいですかね?(笑)
それとも私に、耐性がついたのでしょうか?

あおぞら米でパワーをいただくなら、
あおぞら米のお酒が良いですね?
まだお酒までは作っていないので、
いつか作ってほしいですね。

体調管理ににお互い気を付けましょう。
2015.06.29 Mon l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1634-6172ec8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。