上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。新人店員Oです。
愛媛県特産品でもある柑橘の時期も終わりますね。
そこで今日紹介する商品は
和製グレープフルーツと言われている河内晩柑です。

グレープフルーツほと苦みがなく、すっきり爽やかな味ですよ。
名称は、品種が発見された熊本県熊本市河内町から「河内」と
イヨカンなど晩生の柑橘類の総称である「晩柑」からつけられています。
愛南町で全国の63%が生産されています。生産地が少ないので、
あまり市場に出回ることはないですから、是非この機会にご賞味ください。
また、愛南町で作られてる河内晩柑は昔は御荘町だったので
美生柑(みしょうかん)、と呼ばれ
今は合併して愛南町になったので愛南ゴールド(あいなんゴールド)と呼ばれてます。
爽やかな味を堪能しませんか?

河内晩柑 良品 5kg
00.jpg


スポンサーサイト
2015.05.18 Mon l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
季節によって味が変わるとか。
不思議ですね。

皮は随分とぶ厚いようですね。
そういえば、
皮の厚いというと、ブンタンを
想い出しますが、
「ブンタン」 「ボンタン」 「ザボン」
と、いろいろな呼び方があり、
みな同じものだと、知りました。

地域によって呼び方が変わったり、
産地の地名変更で名称が変わったりと、
いろいろな経緯があることを知ることも、
興味深いものがありますね。
2015.05.20 Wed l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
名前の呼び方は地方によって変わりますね。
調べてみたら、標準和名は、
ザボン(朱欒、香欒)だそうです。
ザボンは、大分県のイメージがあり、
文旦は高知県。

でも、「ボンタン」 で調べたら、
変形学生服とかで出てきました。
懐かしいです。

いろいろ名前の由来調べると面白いですね。
2015.05.20 Wed l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1562-d8f8ae0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。