上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

こんにちは。
先日、歯が痛くて歯医者に行ったら、歯にひびが入ってて、抜歯した新人店員Oです。
抜歯は、なんともなかったんですが、
お酒が飲めなかったのが辛かったです。

ご飯は、芋粥でした。
久しぶりに芋粥食べたらおいしかったです。
少し前に、食糧輸入が止まっても農業を、イモ中心にに切り替えれば、
必要なカロリーは、確保できると言うニュースを見て、
食糧の輸入が止まったら、芋焼酎が主流になるんだ思い、
イモ食べながら芋焼酎は飲めないと思った、アホな新人店員Oです。

食糧自給率は重視しないで、売れる農産物を作る事を重視に政策変換するそうですね。
確かに、TPPが始まるから、国外向けも大切ですが、
国内で農業してる人たちにもっと、光が当たっても個人的にはいいのではないかなと思います。
今日紹介する商品は、愛媛県で真面目に、安全安心で作られた、あおぞら自然栽培セットです。

あおぞら自然栽培セット
main_2015032110275706c.jpg
スポンサーサイト
2015.03.21 Sat l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
世界的に穀物ほか食糧の供給が
需要を満たさない状態に、
急速になってきました。
その大きな要因のひとつは、
隣国の人口と、経済成長に伴い、
農業人口が他の産業人口に
吸収されて、自給自足率が激減。
そして、限度を知らない食糧輸入の
はじまりとなったこと。。。

鶏肉や豚肉が中心だった隣国は、
牛肉の味を知ってからというもの、
国内生産を強化し始め、
飼料用大豆だけでも、
年間7000万トンも輸入しています。

大豆の輸入世界一は日本でした。
味噌、醤油、豆腐、納豆…。
奥ゆかしくて知恵の詰まった伝統食品の素材が
家畜に爆食されてしまい、日本の輸入量は
自然と減らされていくはめに・・・。

隣国の限界無き(計画性のない)輸入力によって、
大豆に勝負をかけたブラジルが、
国土の21%を占める広大な草原地帯
「セラード」を大豆畑に変え始め、
森林破壊による干ばつが問題になっているとか。

あぁ、
せめて日本は、
地域ごとに、
自由にそれぞれの気候や土壌に合わせた、
農産物の宝庫となり、
国内産で国内消費が賄えるような、
そんな国になって欲しいものですね。
2015.03.24 Tue l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
隣国は富裕層が、
計画性なく爆買いをしているのを
色々なニュースで見ます。
自国の食料は残留農薬が多いからって、
買わないで輸入してますからね。

広大な土地をもっと活かして、自国の農業を、
もっと大切にしてほしいと個人的には思います。
どの国も1次産業の賃金が良かったら、
食糧問題も解決されると思います。

農業だけは自分が作ったものを
自分で金額決めれないですからね。
最近ネット販売で付加価値つけて、
金額決めて売れるようになってきました。

このまま、そういう機会が増えたらいいと思います。
2015.03.24 Tue l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1488-72593765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。