上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
みなさーんおはようございます!
田さんです。今日のご紹介商品はびわ葉茶でーす。

毎日続けられる健康習慣!

main (23)

毎日の健康は食卓から!!
びわ葉茶はみなさまの健康のサポートをします。
詳しくは商品ページへ
↓↓↓↓
 びわ葉茶
スポンサーサイト
2015.03.14 Sat l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
びわは1本の樹の中で、
寒い11月頃に咲き始める花もあれば、
翌1月から2月に咲き出す花もあって、
3か月から4か月と極めて長い期間花が
咲き続けます。

リンゴやナシは開花始めから終わりまで
約1週間から10日間ですから、
ビワの開花期間がいかに長いかがわかります。
これほどまでに花の咲き方が
ばらばらで長い期間咲き続けるのは,
寒波がやって来る時期なので、
花が咲いたあとに「幼果」をもうけるのですが、
マイナス3℃の気温が4時間続くと
かなりの確率で枯死してしまいます。

次に弱いのが「花」で最も強いのが「蕾」です。

もし寒波がやって来た時、生育が揃って、
すべて幼果だったら全滅してしまいますが、
少しでも蕾が残っていたら全滅は免れることが
できます。

つまり、びわは、
いろんなステージの蕾や花や幼果を
混在させることによって、
寒害という自然災害を最小限に抑えて育っていく
リスク分散型の頭のいい植物なんですね。
2015.03.14 Sat l yoshinaka. URL l 編集
No title
花の咲き方が果物によってこんなにも違うんですね
びわの生命力が偉大かが伝わってきます
だからびわの木は強く育つのですね!

寒い中 「3ケ月~4ケ月」
育ってやっと日の目を見るころ
美味しく食べられる「びわ」
長い年月手塩にかけた商品なら
美味しさもひとしおですね。

そんな寒い中を生き抜いてきた
びわを使ったお茶だからこそ
体に良い飲み物になるのかな?!
ではまた、、、、、、
2015.03.16 Mon l 田さん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1468-a3dda573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。