上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

こんにちは。新人店員Oです。
暖かくなってきましたね。梅の花の開花ですかね?

そろそろ、砥部の七折梅まつりですね。
七折の梅は、紀州の梅と違って小梅です。
梅の重さに対して18%~20%のお塩でつけます。
このお塩との割合で、美味しい梅干しができるかが決まります。
美味しい梅干を漬ける塩の量のことから、
「塩梅」と言う言葉ができたそうですね。

今は、減塩でお塩を少なくしたり、
梅干しを漬けてから塩分を抜いた梅干しが多いそうですが、
塩を少なくした梅はカビが生えやすく、
塩分を抜いた梅は、貴重なクエン酸も一緒に抜けますので、
健康食品とは呼べませんね。

梅干しは昔から健康食品ですので、1日2個程度なら、
塩分摂取量は大丈夫だと思います。

また梅干しとは塩漬けした梅を、
土用の日に天日で干した梅の塩漬けを「梅干し」って言います。
塩漬けだけなら、「梅漬け」って言います。

全国梅干しコンクール優秀賞受賞の本物の梅。
七折小梅の梅干しをご賞味ください。

商品はこちら→七折小梅
01_2015022411124594b.jpg

スポンサーサイト
2015.02.25 Wed l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
梅干しがシソで赤く着色されるようになったのは
江戸時代になってからだとか。
日本食品標準成分表によると、
塩分は梅干が22.1%、調味梅干が7.6%と
なっていて、調味梅干は戦後に製造が始まり、
世代によって食べ慣れた梅干しの味が
異なるそうです。

でも、長く製法を守ってきた七折小梅の場合、
どの世代でも、あぁこの味だと、
味の継承がこれからも続いていくことでしょう。

余談ですが、
梅の実は、昔、鉄の酸化皮膜による防錆処理
のためにも用いられ、東大寺の大仏に金を
鍍金する際にも使われたそうです。

その昔、大仏さん、梅の香りがしていたのかな・・。
2015.02.26 Thu l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは。
東大寺の大仏のお金にも
使われたのですね。
そのお話は、初めて聞きました。

位置的にはやはり
和歌山の梅を使ったんですかね?
その名残で、和歌山は梅作りが
盛んなんでしょうか

いろいろ考えてみると面白いですね
2015.02.28 Sat l 新人店員O. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1428-286a36d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。