上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
asagao
みかんの親です。





8月が終わりますね。
早いところは既に2学期がはじまっていますね。




夏休みの終わりということは・・・
膨大な宿題も終わったということ。。。
syukudai
この夏休み・・・8月最後の週末・・・
やっぱりどこにも行ってないな~。
「宿題」って、こんなに多かったかな・・・。
各ご家庭の親御さん、お疲れ様です。。。





スポンサーサイト
2014.08.31 Sun l STAFFのブツブツ l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

No title
住んでいる区では、
公立の小学校は
7月21日から8月25日までが夏休み。
でも、
お隣の区は、同じ日から夏休みなのに、
8月31日まで。

道を挟んで区が違うと、
近所の友達同士でも
夏休みの期間が違うことになります。

う~ん・・。
1週間短い区の小学生は、かわいそうに
思ってしまいます。

夏休みの宿題は、
絵日記が苦手でした。
一日、二日でも描き忘れると、
その日にさかのぼって描かないといけないので、
描くような出来事があったかどうか
悩んでしまって、結局、
どうでもいいようなことを描いたりしてました。

工作で作ったものを学校に持って行く時に、
転げて壊したという、苦い思いでも・・・(涙)
2014.09.01 Mon l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント
ありがとうございます。


区の堺、校区の堺に住んでいる子は
なにかと大変そうなイメージがあります。
いわばその学校からは
どっちも遠い・・・・みたいなイメージが・・・。
っで、
自分の小学時代にどんな宿題が
出ていたかなんて
サッパリ覚えておらず、
覚えていないのだからきっと
宿題は出ていないのか、
キッパリとやっていかなかったのか
どちらかかと思っています(笑)。
幼少や小・中学時代の記憶が
ホント欠落していて記憶にないのですが・・・
今頃の宿題を眺めていると
なんとも難しいし、多いな~~っていう
印象ですね。
・・・、自由研究も難しいし、
読書感想文にいたっては
1,200文字以内という大人でも嫌がる
感じのモノがあって、もう、
親ってタイヘン!!!

これがあと何人・何年続くかと考えると
老けるのか逆に老けないのか
なんとも分からんところです(笑)。。。


2014.09.01 Mon l みかんの親. URL l 編集
No title
夏休みなど子供の学校の長期休暇に
宿題が全く課されない国は数多く、
アメリカ・イギリス・オーストラリア・オランダ・
カナダ・ギリシャ・スウェーデン・デンマーク・
ドイツ・ニュージーランド・ノルウェー・パナマ・
フィンランド・ブラジル・フランス・ロシアなどが
無いそうです。

夏休みが学年切替時期って理由も
国によってはあるかも知れませんが、
それ以上に「休暇」に対する意識格差とか、
学校教育に対する温度差かも知れないですね。

一時、実施された「ゆとり教育」への
反動からなのか、
夏休みの総日数が減ったり、
土曜も登校日になったりと、
先ずは授業時間が増やされていますし、
英語教育も早くからスタートするようですね。

教育とは、
教え育てること。
教えだけでなく、人としての育成を、
学校側がきちんと進めてくれるのなら、
こうした「ゆとり教育」からの離脱も
認めたいところですが、
夏休みや冬休みの宿題って、
山ほど出さなくても・・・と、
ついつい思ってしまいますね。。。

・・・
・・・
本の感想文、そんなに書くんですか!
ある出版物で、
3ヶ月ごとに書評を担当していますが、
800字でヒィヒィ言ってます。
追加で400文字って言われたら、
卒倒しそう・・・です。
2014.09.02 Tue l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント
ありがとうございます。


諸外国との「差」というのは
いろいろあるように
ニュースや情報番組で
耳にしますが、
「休み・休暇・休息」関係の考え方には
けっこうな「差」があるように
感じますね。
まぁ、
なにをもって「いい」とか「よくない」とか
判断するのかは恣意的感情が入って左右
されそうですけど、
日本は日本なりの風土と思考があって
しかりなんだとは思いますが、
読書感想文の1,200文字以内というのは
さすがにブルージングでしたね(笑笑)。

でも、
宿題がまったく課されない
長期休暇という響きは、
いまの「私」にとっては
これぞ夢のような出来事でしかないですね。
個人的に未だ「夢の国」は
未体験なんですが、
生きているあいだにはどこかでその
夢のような出来事は体験してみたいですね(笑)。





2014.09.04 Thu l みかんの親. URL l 編集
No title
誰かが話していましたが、
「ディズニーランドは夢の国だ!」
と言ったら、それを聞いたその人の友人が、
「でも、ずいぶんと金が掛かるじゃないか」
と言われて、返す言葉が無かったという、
やりとりを聞いたことがあります。

あぁ、
ちょっと寂しい話ですね(苦笑)

昨年取材した銀行では、
読書会という部活のようなものがあり、
取締役数名が発起人だとかで、
ほとんどの管理職が入部(涙)。
で、1冊の本を全員が読書後に、
幾つかのテーマを基に議論をするそうです。
・・・
・・・
ちょっと想像してしまうのですが、
取締役のご意見、ご感想に、
意義や質問なんて、ちょっと辛そう・・ですよね。

発起後7ケ月で、何だかんだで
空中分解。
今はみなさん、会議で欠席とか、
緊急の用件で欠席! ということで、
集まらなくなったようです・・・。
ならば、感想文を提出させようかという話が出て、
管理職の方々は、恐々たる思いでいるとか。

また、ゲームのコンテンツプログラムの
企業では、ひとつの作品が完成したら、
15日から30日の有給がもらえて、
しかも、海外旅行の旅費を
出してもらえるのだそうです。
つまり、どこか外国へ旅行することが
決まりなんですね。(宿泊費などは自己負担)
で、
長期の休みが終わったら、
その旅行の感想文と、何をして何を得たかを
報告する義務が課せられるそうです。
これを「地獄のレポート」と呼んでいるようで、
なんと、内容の良し悪しもですが、
枚数の多さも評価され、
賞与に跳ね返って来るとか。

あぁ、
私なら、
有給取得は諦め、次のプログラム作成に
直ぐにでも取り掛かりそうです・・。

本当の意味での
夢の国!
私もいつか行ってみたい。
いや、そこで過ごしたい~。
2014.09.04 Thu l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント
ありがとうございます。


返信が遅くなりました。
相変わらずの
余裕がない時間を過ごしていると
ズレがズレをよんで
にっちもさっちも
いかないですね(苦笑)。。。

長期休暇と引き換えのレポートは
休暇ではなく
出張の報告書ですね。
一体だれが得する話しなのか
よく分らないですね。

解釈の一つとして
「夢の国」というのを「天国」ということも
あるかもしれませんが、
こればかりは
実際のところホントなのかどうなのか
確認するところか
ダレかに聴くこともムズカシイ感じかなと・・・。

現実とはチガウ世界に身を置くことで
味わえることが
ある意味での「夢の国」なんかなと思うの
ですが、
結果、
長期休暇であろうが
日帰りや限定的であろうが、
現実世界に戻ってくることを前提とするならば
「夢の国」はホントに遠い存在
なんでしょうね~~~~(笑)。




2014.09.09 Tue l みかんの親. URL l 編集
No title
旅行をすると、
家に帰りついた時、
「家が一番ええわぁ~」
と、思わず口にすると聞きます。
多分、私も、そんな風なことを、
思わずつぶやいているのかも知れません。

でも、これは、馴れた我が家が一番落ち着く
という意味合いで、
現実社会に戻ってきた・・という意味では、
旅する前のワクワク感や、その道中の
解放感などを思うと、帰って来た時点で、
気分がドンヨリとなってしまいますね。

仕事のあれこれ、日常のあれこれ。
背負うものが多く、重いと、
今の現実からの逃避に憧れるもの。

♪~ど~こか~遠くへ~行きたい~♪

という、懐メロを想い出している自分に
ふと気が付いて、慌てることがあります。

ストレスも、不満、不安も、
生きている証拠。
そいつを超えたら、ほら、遠い世で
楽出来るでぇ~

と、
昔の作家(時代もの小説を書いていた方)の
言葉を想い出しました。

遠い世は「遠いよ~」という呼びかけにも
なっているとか。
おそらく天国のことなんでしょうね。
現世で苦労を背負い尽くしたら、
天国に行けるし、楽になると・・・。

天国には、
じゃこてんや八幡浜チャンポンなんかも
あるのでしょうか?
毎日グルメ食で、お腹いっぱいになれるかなぁ・・。

あぁ、
ほんと、この程度のことしか思い浮かばない
お粗末さ・・。
現世での苦労が、足りないからなのかなぁ(涙)
2014.09.10 Wed l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント
ありがとうございます。


明日の日曜は
松山市内の小学校がほぼほぼ
運動会の実施日と
なっています。
先週末が中学校だったかな・・・。

こういった
特別な行事ごとも
その時でなければ
味わえないモノだったりするので
これもまた
旅に出て戻ってくるのと
似たような感覚になるのですかね(笑)。

お昼ごはんの場所取りに
開門する約2時間半前には
学校の正門前行列に並ぼうかなと
考えているのですが、
その時間、
しばし現実逃避の世界に
ひたっておきたいとおもいます(笑)。。。

ハァァァァ・・・
タイヘンっです(笑)!!!!




2014.09.20 Sat l みかんの親. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1246-c6d86894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。