上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは、漢のなかの漢(笑)、「北」です。




本日はチャーリー・レッドカメラマンとともに、サポート企業の

アロマショップさんへ商品撮影へ行ってきました。



撮影場所は男子禁制!にも拘わらず、男二人で取材をするという狼藉ぶりです。



やや緊張ぎみの店長さんとともに、撮影を開始。


写真の一部を紹介します。

IMG_9058.jpg


チャーリーも、いつもに増して張り切っております。


IMG_9164.jpg


今回のサポートは、ホームページの商品写真の差し替えです。

がんばってきれいな画像データをつくります!
スポンサーサイト
2013.11.05 Tue l 未分類 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
男性は入れない撮影場所というのは、
スタジオではなく、
クライアントの会社内部・・なのでしょうか。

お疲れ様でした。
写真撮影の中でも、
物撮りは色々と気を遣いますね。
塩ビのケースだと、更に気を遣われたのでは・・。

塩ビはコンマ単位で厚さを選びますが、
薄い塩ビほど平面に歪みが出るので、
ライティングが難しいんです。
撮影時だけ、暑い塩ビのダミー箱を作って
差し替えたり(汗)してました。。。


2013.11.06 Wed l yoshinaka. URL l 編集
No title
yoshinakaさん、コメントありがとうございます!

はい!商品数が多かったので、照明器具等をアロマショップの実店舗に持ち込んで撮影しました!

しっかりした容器は比較的楽に撮れたんですが、小袋や銀紙のものは大変でした(汗)

また是非テクニックを教えてください☆
2013.11.06 Wed l 北. URL l 編集
No title
スプーンや銀紙などには
マットスプレーをかけていました。
色の調整は後で出来ますから、
テカリで素材が飛んでしまわないように、
或いはテクスチャが伝わらなくならないようにと。
照明も、その場所の明るさや撮影するものなどに
寄りますが、天井に向けて発光したりなど、
反射具合をモニターチェックしながら、
調整していきます。
袋物の場合も、その袋の素材によっては、
半透明のアクリル板などを持ち込み、
商品の色を邪魔しない色紙を裏に貼り、
下から光りを当てて写すなど、
商品のメインとなる正面デザインへの
影響が出ない工夫もしていました。

カステラなんて、カットした面の凸凹を、
爪楊枝で出来るだけ陰影の出ないフラットな
状態に直してから撮影するなど、
パッケージだけでなく、中身の撮影でも
手間をかけました。

ホント、撮影って苦労しますね・・。

2013.11.06 Wed l yoshinaka. URL l 編集
No title
yoshinakaさん、コメントありがとうございます!

僕はわりとビンもので苦戦します(汗)
照明をあてるとまわりが映っちゃうんですよね。。。
白板を置いて隠すと、今度は白板が映ってみたり(笑)

アドバイスありがとうございます!
今度の撮影で試してみます!
2013.11.07 Thu l 北. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1107-43e21500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。