上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
f1
現実には困難なものを求めてしまう、
みかんの親です。




さてさて、

先日、
日と人をかえて

贈り物をあらたに
いただいてしまいました(驚)!
ありがたいことです。
  huji
自身が子どもの頃にはすでにあった
「富士教材」。

店舗に行った記憶も
すでに20数年も前のことなので
個人的にも懐かしい。

っで、
これの贈り主とも
20年以上の付き合いで、
いやいや、
縁というのは...........。
zx-14
っで、
現実、
バイクに乗れないのが分かっているので
とりあえず
これでまかなえと.............。
ninja
う~~~~むむむむ。
この人生、
プラモデルを作った経験と記憶は
過去一回か二回ぐらい。

もう、諦め半分です。
(ゴメンナサイ(苦))。

っで、
別件では、
ho
オッシャレ~!!
な包装に包まれた

まぁぁぁ
お上品な焼き菓子。
yen
っで、
製造者が 今治の方 という記載を見つけ、
なかなかのお手間具合に感謝感謝です。
(松山市内に一つ、店舗があります。)

chocolat
っで、
好みをよく存じていただいていたようで
『ビターしょこら』を一本!

めっさ濃いぃん(濃厚)ですが
後味あっさり、スッキリ。お上品。
一カット、一口サイズにして十分堪能できます。

しょうなしで
子どもらにも一口ずつお裾分けすると、
「美味しい!もっとっ!!」
っとすかざずの発言。。。

「アカン。」
とだけ伝えて残りは冷蔵庫に避難しているのですが、
こうやって
いろいろと気に掛けていただいていることは、
ほんと、ありがたいことですね。



スポンサーサイト
2013.06.23 Sun l STAFFのブツブツ l コメント (12) トラックバック (0) l top

コメント

No title
富士教材!
私にとっても、懐かしい会社名です。

Ninja ですね。
隼やCB、VTRなどは憧れの
車種でした。

プラモデルは、
全長140cmくらいの
戦艦大和、戦艦武蔵を作ったのが
中学1年。
以後、ハマりにはまって、
いろんなものを作りました。
今は、ジオラマにハマっていますが、
作ってる間の時間は、
その作業だけを考えていたらいいので、
現実逃避のような役割を、
私の中で果たしているようです。。。

それにしても、ショコラ、美味しそうですね。
カットして食べるっていうのも、
面白そうです。

気にかけてくれている人がいるのは、
ほんと、有難いことです。
まぁ、私の場合は、
頼りないので、心配してくれてる・・
というのが正しいのかも(^^;;

学生時代からの友人や恩師などと、
「元気?」
というやりとりだけでも、
有難いものですね。


2013.06.23 Sun l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント
ありがとうございます。


そうなんです。
「元気?」
っという一言も
自ら言えない子なので、

なんと自分は
希薄なと思ってしまうのですが、
数少ない
こういう関係者を
大事にしていかんと
いけんですね。

バイク。
当時、
乗っていた車種の一つに

Ninjaの
ZX-7Rがありまして、

このプラモの
贈り主は、
購入直前に
直接電話を入れてきて、
「昔、バイク乗りよったけど、
車種はなんやったっけ??」
っと!

電話の時は
なんのこっちゃとよく分かりませんでしたけど、

その電話の約30分後に
このプラモを目にした時は、
「あ~~~、なるほどね(苦笑)」
っと思った次第です。

でも、
そのやりとりが
今でもちょっと
楽しい感じでいますよ(笑)。。。



2013.06.24 Mon l みかんの親. URL l 編集
No title
以前に乗っていたバイクを
尋ねてくれるだけでも
有難いですね。

そういうことまで
気にしてくれる気持ちが、
なんだか嬉しくなって来そうです。

憧れの車体フォルムだった
Ninjaの ZX-7Rに乗られていたのですか。
凄い!

川崎カラーと言われた
グリーンだったのでしょうか。
国産バイクの中で、
色を観ただけで、
メーカー名が頭に浮かぶのは、
この川崎のグリーンだけだったような・・。

初めて購入したのが、
HONDAのCB750。
黒で4本マフラー。
このマフラーのサウンドが好きで、
載らない日でも、エンジンだけかけていました。

今だと、どのバイクの音が好きになれるのか。
もう、そんなことも判らないくらい、
バイクから遠ざかってしまってます。
(涙)
2013.06.24 Mon l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント
ありがとうございます。


乗っていた
Ninjaさんの
ボディカウルカラーは

ブラック
でございました!!
(バックステップ+ハンドル強化+マフラー外品ets.....)
いろいろと訳有りで、
お下がりのお下がり的な感じで
受け継ぎ乗ることになったのですが、

このバイクで
長野県までツーリングに出掛けたことは
今でもいい想い出です。

CB750!
確か、
教習所で二輪の大型免許を取得した際に
教習カーとして使用していたのが
CB750だったはず!!

あ~~、
なんだか
懐かしいですよね~。
そして、
淋しいですよね~~(泣””)。

今日も、
バイク(自動二輪)
ではなく、
軽車両(自転車)には
乗って、
なんとはなしの二輪を
体感していましたが、
こういう話しをしていると
余計にバイクさんが恋しく
なってしまいますね(笑)。。

頭ん中では、
フレーズに「バイク」の文字・歌詞が
でてくる、幾つかの唄が
グルグル回って流れています!
(怪しい症状が.........。)

2013.06.24 Mon l みかんの親. URL l 編集
No title
バイク好きにしか判らない、
バイクの良さ。

頭の中を流れているメロディは、
尾崎〇の曲でしょうか?

♪ ~ 〇すんだバイク で走り出す ♪~

このフレーズ、た、確かにまずい・・。
でも、
の、乗りたいですね。

長野までだと、
山道走行が楽しめたのではないでしょうか。

軽井沢あたりの山道は、
多少、排気量に余裕のある車でも、
アクセルの吹かし方やハンドリングを
誤ると、センターラインを大幅に超えてしまう
難所がいくつかあります。

バイクの場合、いかに車体を寝かせながら、
コーナーを曲がるかを、
一生懸命試していた若かりし頃を
思い出します。

車重量の重いバイクを、
どこまで地面すれすれまで寝かせて
走り抜けられるか・・・。

今、乗ったとしたら、
そんなチャレンジ、
怖くて出来ないのではと、
長いブランクを恨んだりしてます(涙)
2013.06.25 Tue l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント
ありがとうございます。

唯一、
会社内で唄うことが
きょかされている感じの
歌手さんは、

♪~チ○○〇ーズ~♪さん!

っといえば、
♪Ji○ & Ja○○の伝説♪
の歌詞が・・・・・・・・。

あ~~、
走り抜けたいですね(笑)。。

っで、
長野県までのツーリングですが、

残念ながら
基本、高速道路移動で、
一気に駆け上がり、

一泊して、

一気に駆け下がりました(爆笑)!!

山道を走った記憶があまり
・・・・・・・・・・・・・・・、ないかもしれません。

軽井沢付近に
そういうのがあったんですね。
存じませんでした...。

だんだん、
歳を重ねて行くと
スピード感を得るよりも、

安全+安心+安楽、
を重視して
選択してしまいますね(笑)。

今だと
たぶん、
リミッターカットは
せずに、
走るんだろうなと思いますね(笑)。。

2013.06.25 Tue l みかんの親. URL l 編集
No title
日本でサイドカーが普及したのは第2次大戦後。日本自動車工業会のホームページ(HP)には「日本においても、GHQによる乗用車の生産規制が敷かれていた戦争直後には、側車部分に荷物を積んだり、人を乗せたりとなじみのある存在だった」とあり、GHQの規制が緩いサイドカーは当時、民間のヒト・モノを運ぶ最大の手段だったのです。
軽井沢の
碓氷峠(うすいとうげ)などは、
パワーのある四輪でも、
なかなか難儀な道です。

石鎚の方は、どうですか?
あまり記憶が明瞭でないのですが、
そこそこのカーブがあったような??

二輪というと、
バイク、単車って言いますが、
どうして「単車」っていうのか、
興味が出て調べました。
以下のような説明がありました。

日本でサイドカーが普及したのは第2次大戦後。
「単車」という呼び方はこの頃広まったようです。日本中にメーカーが出来、今とは比べものになら
ないくらい一般的な乗り物だったサイドカー。
その普及にあわせて、側車を外した“少数派”の
オートバイが「ソロ」または「単車」といわれ浸透
していったからです。

にゃるほど・・。

サイドカーを付けていた友人ライダーが
いましたが、サイドカーの乗り心地は、
あまり良くなかったそうです。

ここ最近は、車も載らなくなって、
先日、バッテリーが上がってしまいました。
いざ載るぞという時に、
載れないなんて(号泣)
ショックでした。
2013.06.26 Wed l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント、
ありがとうございます。

ランディングのコースとして
個人的に好きなのは、

三坂峠から高知県へ向かう
R33号線ですね。

砥部町から松山市内近郊は
混み合うので
途中までは
R11号線使用なのですが、

砥部町の三坂峠入口から
三段カーブを抜けて、
高知県境にある
美川や柳谷、吾川地区を
走るのは
気持ちがいいもんです。


サイドカーには
そんな歴史があったのですね!!
興味はあるのですが、
まだ未体験ゾーンの世界です(笑)。

この情報量(驚)!!
さすがですね!!!

公共の乗り物レベルの違いですかね...。
車を日々乗らなくても済む
環境があるだなんて.....。
スゴイ。。。


2013.06.26 Wed l みかんの親. URL l 編集
あらら、
盆がえり…みたいですね。
昨日のコメントで、削除したはずの
コピペの文言が、頭部分に蘇ってます。
すみません。
読み難いコメントで、申し訳ありません
でした。

スマホから今、コメントを書いてますが、
思いもしないところで、改行されてしまう
事があって、後でがっかりすることも。
また、読み難いコメントになっていたら、
お許し下さい。

何度か、伺うつもりで失念していた事が、あります。
最初の写真のF1マシンは、どこで
撮影された写真でしょうか。
興味はあれど、まだまだ知らない事が
いっぱいの世界です。
一度は、の、乗ってみたい!! ですね。

2013.06.27 Thu l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント
ありがとうございます。

「F1マシン」
ですが、

先月、
大阪へ行った際に
撮りとめたものです(笑)。。

R25号線沿いというのですかね、

道頓堀から
御堂筋線?を歩いて
大阪駅方面(北方面)へ
真っ直ぐ道路沿いに
深夜歩いていたのですが、

これがなんと!!!

高級車も高級車が
『わたしを観て見て~~!!』
っと言わんばかりに
ウィンドウ越しに
ようけ並んでまして、

ついつい
カメラを片手にパチパチと
撮ってしまっていました。

いや~、
あの通りはスゴイですね(驚)。
深夜歩くのは疲れましたが、
あれは楽しい疲れでしたね。

個人的にもまだ
MotoGPやF1レースのホンマもんを
サーキット場で観賞したことがないので、

人生、一度は経験しておきたいことの
一つに挙げてはおります(苦笑)。。。

あのレースをテレビで観ていると
コーナーリングでは必ずといっていいほど、
同じ車体角度で身体が無意識に
傾いています........。

慣性の法則?????
でしょうか(アハハハ)。

2013.06.27 Thu l みかんの親. URL l 編集
No title
ニュートンの運動方程式・・・
慣性の法則について、
ここで講義しますと、
え~、
・・・
・・・
あ、寝てました。
ま、またの機会にしましょう。

大阪の夜の繁華街で凄いのは、
2重3重駐車は当たり前ということ。
道路が道路ではなく、
もはや駐車場と化することが多くて、
しかも、どこでどんなことしたら、
こんなクルマ買えるんやろ?
という、高級車のオンパレード。

中には運転手付きという
お車も。

東京の場合は、
夜の繁華街での駐車ルールは、
まずまず守られてはいますが、
赤坂、青山、銀座・・などの、
座るだけで大金が発生するような
お店が多いところは、さすがに、
そういうお店に行かれる方のお車は、
ピッカピカの超高級車です。

ホイル一個、いくらかなぁ?
なんて考えてしまう私のセコさ・・。
あぁ、今に見てろ、
私も買うぞ!
・・
・・
富士教材で。。。

(涙)

2013.06.28 Fri l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント
ありがとうございます。

↑↑↑
そうなんですよね!!
東京・大阪、
高級車の“ラベル”が
ちがいますよね。

近年、
松山市内でも
怪しげな高級車は
すこ~し増えてきたかなと
思いますが、
やはり
ちがいますね。

雰囲気というか
感じというか......。

宝くじが
当たった時のことを考えると、
決めるに決めれなさそうなので
ぅん年、又はぅん十年は
かけて選び悩もう的な
妄想だけでニコニコしてしまう
自分が淋し~~いくなりますね(笑)。。。


2013.06.28 Fri l みかんの親. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1028-cd35a023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。