上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
hijikawa
GW、昨日は家から外に出ないで過ごしていた、
みかんの親です。





さてさて、
昨日のさらに前日に、

『大川鯉のぼり祭』

http://www.city.ozu.ehime.jp/sightseeing/event/details_3151.html
 


ookawakoinobori
っというのを観にお出掛け。
もちろん、初体験。

大洲市の大川地区にある
肱川沿いで開催されていたのだが、
ookawakoinobori
車もその肱川沿いの
川原へ・・・・・・。

石+石+石+岩+石+岩+石+石........(泣)。
車の傷つき具合が気になりつつも
それなりに、
車や人が多いのにビックリ!!
ookawa
     
ookawa

っで、
何故かはよう分からんけど、

地元、
大洲市出身のボーカルが唄っているのは
沖縄系。

okinawa
しっかり、盛り上がって、アンコールは4曲熱唱!!!
ookawa

たまには、
こんな過ごし方もないといけませんな(苦笑)。。
人混みは大の苦手ですけどね(苦笑苦)。。。

koinobori

koinobori




スポンサーサイト
2013.05.05 Sun l STAFFのブツブツ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
たくさんの鯉のぼりですね。
鯉のぼりの歴史をよくは知らなかったのですが、
最初、手すき和紙を使い、手描きで作られて
いたそうです。
その後、油紙、綿と破れにくいものへと変わり、
現在のナイロン製になったのは1957(昭和32)年
からとか。
意外と(?)最近なんですね。

子供の頃は、道後の聖母幼稚園の
裏側が田んぼで、この時期に電柱ほどの
大きな丸太を中央あたりに建て、
大きな鯉のぼりが空を舞っていました。
家のまん前だったので、
小さい頃から鯉のぼりに親しめる環境に
あったのは、今思えば有難いことだったと
思います。

都市伝説?では、
仲良くなりたいカップルが、
鯉のぼりを一緒に眺めると、
「恋の森」に招かれて、
恋愛感情に花が咲くとか・・・。

こういうイベントでの、農作物などの販売、
凄く興味があります。
時々、はめをはずして、大量買い。
ご近所に配るようなことも・・・(^^;

GWの2 / 3が仕事だったので、
この写真を観て、随分と癒されました。
有難うございました。
2013.05.06 Mon l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント
ありがとうございます。


そして、
祝日中のお仕事、
お疲れ様でございます。


こいのぼり、
松山市内では
あまり見かけなく
なりましたね。

ほんの少し郊外にでると、
田畑を有している
ところでは
大きなのが
威勢よく泳いでいますけどね。。

地方のさらに山地では、
過疎化も進んでますから
何かしらの
イベントごとを介して、
風土の魅力発信っと
いったところでしょうかね!!

公務だとは
思いますが、
この場所には
大洲市長も参列
しました。

いずこも、
祝日関係なしの
感じですね。。。

しかし、
恋の行方も
気になりますね~~。



2013.05.06 Mon l みかんの親. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1016-ea27f1a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。