上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
matuyamaage
やっこねぎを切っては泣かされる
みかんの親です。




さて、
大奥の調子が今一なので
今日のお昼は
ちょぉ~~~~~
簡単、


買って+切って+焼く=焼く飯!

を、
子どもらと一緒に
工作するべと。。
sozai
まずは、
食材を求めてマルナカさんまで
散歩がてらに出陣!
子どもらは意味も分からず
とりあえず付いて来るべし。
oriibu
野菜を切るのが面倒なので、
ベジタブルを採用。
この、
とうもころし....は子どもらに人気あり。
とりあえず、オリーブオイルで炒めるべし。
もちろん!
この時点での炒め役は子どもら担当。
tamago
卵を割って、混ぜるのも子どもら担当。(まだ↑↑↑混ぜの途中↑↑↑)
しか~~~し、
油断をすると、
殻を豪快に粉砕して入れているので
取り出しに時間必要。
もちろん、
卵にも味付け施してから混ぜ混ぜ中。
yakibuta
この手のメインといえばコレ↑↑↑。
子どもらのテンションもUP。
「全部入れたら!」
の声には耳もかさずに
とりあえず食感を楽しめる程度のブロック切り↓↓↓。
tyaasyuu
そして、焼く?炒める?。(強火得意な てんちょ♪さん のマネ)
yaku
もちろん↑↑↑、
混ぜるのは子どもら担当↑↑↑。
ita
この辺りから混ぜ役は交代。
ごはんが入ると量的に扱いが困難なもんで仕方ない...。
maze
うぅ~~~~んんんんん、なんか分量が微妙だな~。
yakumesi
っま、気にしないさね。
で、そんなこんなで
味付けをしつつ(醤油+ウスターソースの混合ダブルス)
あえての焦げ目をつけつつ、とりあえずの完成。
yakimesi
ほんのり味付け濃い目(焦げ目!?)の仕上がりも
子どもらも我がらが作ったということもあってか、
いつも以上の量がお腹の中に・・・・。
地元の食材にも感謝をしつつ
完食でございやした(笑)。
っあ、
ちなみに、我が家はケーキもホール食いなら
ご飯時も鍋出しが多いのであしからず。
もちろん、
画像に映っている「れんげ」さんはみかんの親用です(フフフ)。。。
(え~、我が家ネタでスイマセン・・・・・。)


スポンサーサイト
2013.04.21 Sun l STAFFのブツブツ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
まずは、最初の写真に釘付け!
3種類の「松山あげ」があるんですね。
こちらでは「きざみ」しか、みつけられません。
(しかも、値段はこちらの方が、た、た、高い!)

・・・涙

みかんの親さまの、
ご自宅レシピの焼き飯に、
お腹の虫が騒ぎ出しました^^)v
お子様と一緒に、ワイワイと作るのも、
美味しさの秘訣のように思います。
焼き豚もベジタブルもたくさん入っていて、
見るからに美味しそうで、
お呼ばれされたくなりますね(笑)

奥様の体調が一日も早くご回復されますように。
祈念しています。
2013.04.22 Mon l yoshinaka. URL l 編集
No title
こんにちは、
yoshinakaさん。
コメント
ありがとうございます。

お心遣い、
ありがとうございます。

「松山あげ」!!
やっぱり
高いですか・・・・(苦笑)。

なんとなく、
遠地の方が
お安い場合があると
思ったのですが・・
ハハハハハハ。

地元ならではの
あげアゲですね。


なんとも
手抜きご飯で
申し訳ないのですが、

子どもらも
自ら作ったごはんは
さすがに
美味しいといって
食べますので

なかなかいい
感じですよ。。

2013.04.22 Mon l みかんの親. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://matsuyamatokusen.blog37.fc2.com/tb.php/1013-d03ed7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。